増大サプリで有名なバリテインを徹底解剖

増大手術でのフィラー剤とは?

増大手術のフィラー剤の種類とその特徴とは

 

増大手術で使用されるフィラー剤の種類と特徴を解説して行こうと思います。
 

コラーゲン

コラーゲンとは主にシワ取りなどの治療で美容外科では長く使用されてる注入液になります。

コラーゲンは骨・皮膚・臓器を形成しているたんぱく質の一種です。体に入ると約半年~1年程で吸収されます。元々ヒアルロン酸と同様に体にあるものなので馴染み易く、更に弾力もあるのが特徴になります。

しかしながら、増大効果には長く続く事は無いので、定期的に注入をする必要があります が、日本の医療では10年以上もの間、使われれておりますので安全性が高いです。

また、コラーゲンを吸収する事によって繊維組織に置き換わるので、ペニスのボリューム自体は多少は維持されます。
 

ヒアルロン酸

フィラー剤では昔も今も使われているスタンダードなものがヒアルロン酸になります。

安全性は高いので多くのクリニックでも使用されています。医療や美容・食品など多岐の分野でヒアルロン酸は使われております。

ヒアルロン酸は人間の関節部分や皮膚には元々あるので、注入しても体には何かの危険性が生じる事はありません。

デメリットとしては 増大効果が約半年程度しか持たないという事です。その為、定期的に注入する必要もありますが、安全性という事だと体内には残りませんのでその辺は心配ないでしょう。

定期的に注入が必要にはなりますが、1回に掛かる費用は比較的に低価格と言える でしょう。
 

スーパーヒアルロン酸

美容整形の分野では傷跡やバストアップ等に使われます。

ヒアルロン酸より吸収がされにくく 約2年程効果が続きます。それにヒアルロン酸と比べて、粒子が大きいのでその場にしっかり留まりボリュームアップをしてくれます。

更に、スーパーヒアルロン酸は柔らかすぎず形も整えたりする事も可能になります。
 

脂肪

ご自身の余分にある太ももやお腹回りの脂肪を取りその脂肪をペニスへ注入して行く方法です。

ご自身の脂肪ですので拒絶反応やアレルギーと言った反応も起こりませんし、注入する脂肪の約5割程は定着して行きます。更に感触も自然な仕上がりになります。

しかしながら、これらには高い技術が必要になりますので、まだまだ実施してるクリニックは限られており、また脂肪を摂取する際には痛みも伴いますので、時間と費用も掛かるのでそれなりの覚悟もいります。
 

アクアミド

コラーゲンやヒアルロン酸と違い約5年~6年継続できるので経済的です。

アクアミドとはソフトなコンタクトレンズ等にも使用されている水97.5%とポリアクアマイド2.5%で作られている体には何の害もないゲルになります。

ヨーロッパの主要国などでは許可済みの物質になり、日本国内においても5年程臨床実績もあり安全性はあります。

アクアミドは吸収しにくい成分であり、1部分は半永久的に残る為費用対効果は高くなります が、柔らかいので注入する場所によっては効果の出にくい可能性も出て来ます。
 

バイオアルカミド

バイオアルカミドとは水96%と4%のソフトのコンタクトレンズの原料の類似のアミドイミドアルキン型の高分子ポリマーで出来ております。

バイオアルカミドはヒアルロン酸やアクアミドより少し硬いのが特徴で、その為に注入する場所の形は変わらずにきっちりと維持出来ます。

注入する事によって薄いコラーゲンの膜に包まれ、体内では吸収しにくくなる為に半永久的な効果に期待が出来ます。

更にバイオアルカミドはEUで安全機銃を満たしている成分になりますので、多くの国々で使用されてますので安全性に関しても問題ありません。
 

レディエッセ

歯科・プチ整形や耳鼻科等で良く使用されれている成分で、骨や歯の主成分のハイロドキシアパタイトが原料となります。

レディエッセは硬さもありますので、少ない注入量でも効果を発揮出来るのが特徴になります。

レディエッセには 人間の体内にあるのと同じ成分で作られております ので、安全性も高くアレルギーの心配も御座いませんし、効果も約2年程になります。
 

おすすめ増大サプリ
早割りおせち特集!

早漏改善サプリ詳細・口コミ

筋力向上で増大?

怪しい増大サプリ

チントレについて

増大器具について

page-top