増大サプリで有名なバリテインを徹底解剖

成分の詳細について

必須アミノ酸とは

miclo

 

人間に必要な体をつくるうえで20種類のアミノ酸の中で、体内では合成できない9種類のアミノ酸を『必須アミノ酸』と言います。
残りの11種類は『非必須アミノ酸』で、他のアミノ酸や糖や脂肪などを使い体内で合成されています。

必須アミノ酸は食べ物によって外部から摂取しなければ不足し、人間の体の機能は正常に保てなくなってしまいます。

また、非必須アミノ酸の方も、体内で合成できる量は加齢とともに減少しはじめ、こちらも外部からの摂取が必要になります。
 

必須アミノ酸 『L-バリン』『L-スレオニン』『L-ロイシン』『L-イソロイシン』『L-ヒスチジン』『L-リジン』『L-メチオニン』『L-フェニルアラニン』『L-トリプトファン』
非必須アミノ酸 『L-チロシン』『L-セリン』『L-システイン』『L-アスパラギン』『L-アスパラギン酸』『L-グルタミン』『L-グルタミン酸』『L-グリシン』『L-プロリン』『L-アラニン』『L-アルギニン』

 

L-シトルリンやL-アルギンはなぜ効果的なのか?

blood

 

L-シトルリンとは?

 

L-Citrullin

一酸化窒素を作り出したり増やしたりする働きがあり、一酸化窒素が増える事によって血管の拡張し、血流量を増やす働きがあり、その結果海綿体への血流量が増え増大効果に導きます。

期待される効果

精力増強・ED改善・血流向上による増大・冷え性予防・むくみ改善・肩こりの改善

L-シトルリンは、2007年に食品での使用が認可されています。

1日の摂取量の目安は、約800㎎であれば、一酸化窒素濃度に違いがあると言われています。

 

L-アルギニンとは?

 

Arginina

脳下垂体から分泌される成長ホルモンを合成し促し、筋肉や骨の成長を助け身長の伸びにも繋がります。

期待される効果

血管拡張作用・血液循環改善・成長ホルモン分泌・生殖機能の改善・筋肉向上・免疫力向上

1日の摂取量の目安は、L-シトルリン800㎎に対して約1500㎎であれば、一酸化窒素濃度に違いがあると言われています。

 

L-シトルリンとL-アルギニンの相乗効果とは?

L-シトルリンとL-アルギニンを同時に摂取する事によって、体内に吸収されたL-シトルリンがL-アルギニンに変化し、その相乗効果で一酸化窒素が大量に生産され、血流量が増加しさらには増大効果に繋がります。

L-アルギニンは体内に入ってすぐに吸収されますが、L-シトルリンの場合は体内に入ってからその役割を終えてL-アルギニンに変わるまで約30分間掛かり、L-シトルリンから変化したL-アルギニンの方が通常のL-アルギニンより濃度が高く体内に残ると言われています。

 

L-アルギニンだけ摂取だけで良いの?

L-シトルリンが最終的にL-アルギニンに変化するのであれば、L-アルギニンだけで良いのではと思う方もいるかとは思いますが、それは違います。

L-アルギニンだけを摂取の欠点は?

 

L-アルギニンのみを摂取していると、腹痛や胃痛を起こす場合があります。

L-アルギニンのみの摂取では、L-シトルリンとの相乗効果よりも体内へ吸収される量は少なくなってしまいます。

腹痛や胃痛は過剰に摂取しなければ良いのですが、逆に吸収量が少な過ぎるという欠点も重要になってきます。

L-アルギニンをサプリメント等で摂取したとすると、約6割近くの成分が尿として出てしまいます。

10割飲んでも4割は出ていき、4割の効果しかないという事です。そこで出て行ったL-アルギニンの役割をサポートし重要になるのがL-シトルリンの役割なのです。
 

L-シトルリンこそL-アルギニンに変化が重要

上記でも説明した通り、L-シトルリンが体内に吸収され、血管の拡張を行い血流を増やし、その後約30分後にL-アルギニンへ変化した方が濃度が高く体内に残ります。

L-シトルリンとL-アルギニンは相乗効果と増大にはお互いのメリットがあるのです。
 

L-アルギニンをサポートするL-オルニチン

L-オルニチンと聞いて多くの人が、しじみで二日酔いや疲労回復などを思い浮かべるかもしれません。

しかし必須成分ではないL-オルニチンですが、なぜ増大に重要な成分なのかを説明していきます。
 

L-オルニチンとは?

 

L-Ornithin

L-オルニチンとL-アルギニンはお互いを原料として生成する特徴を持っています。
一緒に摂取する事によって相乗効果で筋肉増強の役割が活性化します。

期待される効果

疲労回復・肝機能向上・アンモニアの解読・筋肉向上

1日の摂取量は約400~800㎎が推奨されています。

 

ペニスへの刺激の効果を考えた時に、思い浮かぶのはL-アルギニンだと考えますが、L-アルギニン・L-オルニチンは同じ働きを担うものではなく、体内の構造内で『L-アルギニン・L-シトルリン・L-オルニチン』は尿素回路に深く関係してます。
この3成分は尿素回路で循環しているのです。
 

尿素回路での活動循環とは?

 

L-オルニチンはL-アルギンになり、L-アルギンはL-オルニチンになりL-オルニチンはLシトルリンとループを繰り返していることになります。

 

この尿素回路でL-アルギニンとL-オルニチンを一緒に摂取する事によって、L-アルギニンがL-オルニチンへとなる時にL-アルギニンの男性ホルモンの効果がL-オルニチンへと変化した時にペニスを刺激効果を更に促進してくれています。
 

増大効果にアンチエイジングや精力増強効果の高い成分

carro

 

増大サプリには必須成分をサポートするのに必要な成分が各商品ごとに配合されています。

重要な成分とは、海綿体に刺激を与え勃起した際に増大効果を増幅させます。

また準必須成分や必須成分によって海綿体の血液や血管が活性化されたとしていても、更に血液や血管を若く健康な状態にしてくれる成分が配合されていれば、準必須成分と必須成分を更に大きな役割と効果を上げてくれます。

また増大効果にどんな成分が必要かと言いますと『亜鉛』で、牡蠣に多く含まれていて、勃起力や精子の生成を向上してくれる働きがあります。

その他、興奮を高める成分『ガラナ』滋養強壮の高める成分『マムシ』と言った増大サプリにとって様々な精力増強を高める成分もあります。

血管や血液のデトックス効果やアンチエイジング効果には酵素やビタミン類が含まれている成分が必要になります。

それらの成分を大きく分けると『植物系』『動物系』に分かれます。
 

植物系成分 『トンカットアリ』『ガラナ』『マカ』『クラチャイダム』『冬虫夏草』『ニンニク』・・・
動物系成分 『トナカイの角』『サソリ』『すっぽん』『マムシ』『牡蠣』『馬睾丸』『ウナギ』・・・

 

なぜ植物系成分と動物系成分を分ける必要があるのか?

 

動物系成分のみを配合した増大サプリは、精力のみだけを上げ過ぎてしまい体に負担が掛かり副作用が出る可能性もある為、植物系成分を一緒に配合する事が重要になってきます。

今度はそれとは逆に植物系成分のみを配合した増大サプリは、精力を逆に弱める恐れがある為動物系成分と一緒に配合する事が重要になってきます。

 

増大サプリで成分の配合数が多いのが良いのか?少ないのが良いのか?

増大サプリは各商品ごとに成分の配合数が多い商品と少ない商品があります。

購入される際はどちらが良いのか迷うと思いますが、結論から言うと、その商品によります。

各製造メーカーで増大サプリを独自に研究し成分配合をしながら増大へのサプリを商品化してます。

なぜ細かく成分量を記載しないかというと、競合他社に成分量を真似されない様にしていると思います。
 

増大サプリは成分が多いから効果が良いとか、成分が少なければ単体の成分濃度が高く効果が良いという考えではありません。

 

分かりやすく成分について紹介した増大サプリ

おすすめ増大サプリ

怪しい増大サプリ

チントレについて

増大器具について

page-top