増大サプリで有名なバリテインを徹底解剖

有機JASって何?

有機JASとは一体何でしょう


 

色々な食品や生鮮食品を購入する際に、良く目にするのが【有機栽培】【オーガニック】などの表示がされてますが、その内容の違いを分かりますでしょうか?
オーガニックや有機を見ると、体に良く、農薬などを使っていないんじゃないというイメージはありますが、実際はどの様な内容なのか、有機JASの事について説明したいと思います。
 

農林水産省は、平成13年4月1日より改正された日本農林規格【JAS】法のもとで、有機農産物と有機農産加工食品であるJAS規格を定めて、JAS規格に適合するかどうかを、厳格な検査を受けて合格した結果、有機JAS認定のマークを表示する事が許されております。

農林水産大臣が認可を受けている登録認定機関が生産する行程管理者や製造する業者等を認定し、認定する生産行程管理者らが自らが格付けをして、有機JASマークを張り付ける仕組みになっております。

※有機JASマークが無いのに【有機】や【オーガニック】などの表示や紛らわしい表示を貼る事は法律で禁止されております。

 

有機JAS認証基準


 

有機JAS規格の制定は、【有機飼料・有機農産物・有機加工食品・有機畜産物】の4品目のみとなっております。

有機農産物の定義とは?

化学合成されている肥料と農薬の使用を避ける。

遺伝子組み換えを用いてはならない。

それ以外は種まきまたは植付けの2年以上前において、有機肥料(許容農薬以外の農薬や化学肥料を使用せず)で土づくりを行い、生産されている
※多年生植物(果樹)の場合は最初の収穫の3年以上前

大まかに大きな点を挙げましたが、その他にも厳しい条件をクリアして認定され、始めて農産物に有機JASマークを商品のパッケージに表示し販売する事が出ます。

 

昔は無農薬野菜という言葉が使用が許可され、購入する人も多くいましたが、消費者側に土壌に少しの農薬が残らないとの印象を受け取られやすく、表記が曖昧にならない様にするのを避ける目的で、現在では無農薬野菜や無農薬の言葉は農林水産省のガイドラインでは使用を禁止する事が定められました。

有機栽培は無農薬では無い?


 

ここで考えてほしいのが、有機野菜やオーガニック野菜は農薬を使わず、化学肥料も使わず、無農薬と同じではと思いがちになるという疑問です。有機農産物の定義に『化学合成されている肥料と農薬の使用を避ける』という定義です。その条件基準の言葉で無農薬という考えに陥りがちですが、有機認定を受けている栽培方法では、実は農薬の使用は認められているのです。
驚かれた方もいるかと思いますが、農薬は農薬でも天然の原料による農薬の使用は認められておりますが、化学合成で作られている農薬は使用禁止という認識になります。
微生物などの有効成分とする殺菌剤等に関しましても細かく農薬の指定がなされております。
 

減農薬野菜は特別栽培農産物?

一般的な作物よりも農薬の使用を抑えた作物を『特別栽培農産物』の名前に統一しており、農林水産省における特別栽培農産物のガイドラインでの定義に定められております。

節減対象農薬の使用する回数が慣行レベルの5割以下である事。

生産過程において使用する化学肥料の窒素成分量が慣行レベルの5割以下である事。

節減対象農薬を使わない場合の表示は【節減対象農薬:栽培期間中不使用】という表示となります。

※節減対象農薬とは、有機農薬以外の一般的な普通の農薬の事を言います。

 

私たちの生活には気候の変動で農作物による被害であったり、色々な環境下の中で作物を安定して供給するのは難しいです。どんな作物でも病気や害虫被害はあります。それに使用されるのは農薬です。
人も病気やケガをした時は、薬を飲みますし予防する薬を飲んだりしています。
如何に有機農産物や特別栽培農産物が、どの様にして生産され販売されているのかを、消費する側が内容を細かく理解をし生産者の難しさを知る事も重要ではないでしょうか。
 

おすすめ増大サプリ
早割りおせち特集!

早漏改善サプリ詳細・口コミ

筋力向上で増大?

怪しい増大サプリ

チントレについて

増大器具について

page-top