増大サプリで有名なバリテインを徹底解剖

真正包茎は治るの?

真正包茎を自分で出来る道具があるなんて!


 

カントン包茎や真正包茎をクリニックで治療すると、その費用は約15万円前後掛かります。

保険を適用すると言っても2割の負担が掛かりそれでも¥30,000、3割の負担でも¥45,000も掛かりますが、もし保険を使い治療してもサラリーマンであれば会社に請求が行ってしまうので敬遠する方も中にはいるのではないでしょうか?

しかし真正包茎をご自身で治療出来る道具が安く購入出来たとしたら、買いたい方もいるのではないかと思います。
 

その名はキトー君

キトー君の商品は、カントン包茎や真正包茎の様な 陰茎の皮膚をむくのに難しい方の為に開発された治療器具 になります。

kito

 

皆さんはご存知でしょうか?世界には色々な所を変形させたりする部族がおりますが、その部族の方たちは唇や耳たぶを大きくしたりしています。

その原理と変わりはありません。時間を掛ければ人間の皮膚は伸びるのです!

キトー君はその単純な仕組みなので包茎部分の皮を徐々に伸ばしていき亀頭を簡単に露出できる程までに広げる事が出来るのです!!

真正包茎の場合は約4㎝伸びれば問題も解決できるので全く深刻に考える必要は無いのです。
 

キトー君の使用方法

 

使い方は手元部分を握って行くと先端部分が広がって行く仕組みになり、先端部分を包皮の先の穴に差し込んで、毎日30分間ゆっくり徐々に広げる事によって約2週間~2ヶ月位でカントン包茎・真正包茎が治って行くのです。

kito3

 

キトー君にはSTとDXの2種類があり、キトー君DXの場合には先端部分を広げたままで固定が出来るストッパーが付いております。

その為、ストッパーは片手で操作でき、30分間広げ続けなければならなかった作業がストッパーが付いている事によって手が疲れずに済むのです。
 

キトー君の使用イメージ

 

kito2

 

キトー君の成功率はなんと99.9%

 

キトー君を使用した包茎治療の原理は簡単な仕組みで操作をする方法も簡単です。

それもああるので成功率も非常に高いのでキトー君のメーカーも絶対の自信を持っております。
 

キトー君の安心サービス

サポート体制:解決に向けての全力サポート

全額返金制度:変化が無い場合は全額返金

手術代保証制度:手術を受けた場合は、手術代を全額支払い

後払い制度:支払いしたけど商品が届かないと言うトラブルが無い様に『後払い』が出来る

郵便局留め:誰にも知られずプライバシーを守る為に商品を受け取る事が出来る

 

この5点の安心なサービス体制の中でもチェック部分の2点は購入される方を手厚く保証していると言えます。

 

キトー君のメリットとは

誰にも知られる事なく治療を行える:通院が必要ない為、真正包茎である事を誰にも知られる事もありません。

メスを入れなくても良い:手術をしてしまうとペニスに傷跡が残ってしまったり、術後に予想以上に悪くなる可能性もあり、キトー君なら全くリスクはありません。

不衛生だった環境から改善できる:真正包茎は非常に不衛生になります。それは包皮を向く事が出来ない事によって、包皮と亀頭部分の間に大量の垢が蓄積され、それがばい菌の温床となるのです。キトー君を使って真正包茎を解消する事によって、不衛生な環境から抜け出せるのです。

金額が安い:キトー君ST¥9,800/キトー君DX¥12,800の金額になります。

 

キトー君の使用が出来ない人

 

仮性包茎の方

キトー君は亀頭の露出をする為に包皮の先端部分を広げるだけになりますので包茎が解消する訳でもありません。真正包茎を仮性包茎にして行くサポートをしているのです。

包皮輪の部分が非常に狭い方

キトー君を先端部分に挿入する事ができない。

包皮と亀頭が癒着してる方

包皮先端部分を指でつまみ封鎖した状態で放尿をする時に皮の部分が膨らまない場合は癒着している可能性があるのでキトー君は使用できません。

 

真正包茎を自分で治すおすすめ道具!

 

キトー君
穴は、必ず広がります。2週間続けるだけ!【キトー君】
キトー君の先端はなめらか加工で球状になっているので穴に入れても外れにくく、手を緩めると自動的に先端が閉じ、DXにはストッパーもあるので疲れ知らず!
価格
キトー君SD¥9,800
キトー君DX¥12,800
星評価
安心サービス
サポート体制/返金制度/手術代保証制度/後払い制度/郵便局留め
公式HP
あり

 

 
余分にある皮の部分を完全に取り除きたいと言う方は、真正包茎手術をするのが1番かと思います。
 
おすすめ増大サプリ

早漏改善サプリ詳細・口コミ

筋力向上で増大?

怪しい増大サプリ

チントレについて

増大器具について

page-top